最近のことについて


 最近、右脳にビリビリくるような事。
 あまりないなー。
 
 どんどんと左脳的な人間になっていっています。
 
[PR]
# by skymodern | 2006-01-11 22:58

library


 最近近くに出来た図書館へようやく足を運んだ。
 
 中は広々としていて、
 モダンな建築。
 
 函館にもようやく充実した社会教育施設が出来ましたね。

 良いのはCDコーナー。
 一度に2枚CDを借りれます。
 もちろん無料。

 JAZZが結構充実していて、
 私としてはレンタルショップに行くよりも
 借りたいものが沢山ある。
 
 須永辰緒プロデュースのAkikoの"mood swing"とか、
 チェット・ベイカー、ヘレン・メリル、マーティン・テイラー。
 欲しかったCDを無料でレンタル。
 こんな嬉しいことは無い。

 数ヶ月後のitunesには
 ちょっとしたJAZZライブラリーが出来上がっているでしょう。
 
[PR]
# by skymodern | 2006-01-09 19:34 | 日記

nano


 ipodを購入して1週間。
 炊事やアイロン中も聴いてます。
 
 ずっとつけていると難聴になりそうですが、
 音楽がより身近になり、
 生活スタイルが若干変わりますね。
 
 一番オツなのが、
 アレサフランクリンの古い曲とか、
 バーブラストライザンドとかのアナログな音源を
 このハイテクな機械で聴くこと。
 
 この時間なら
 アレサの
 「Do right woman,Do right man」
 「Call me」なんてしっとりしていて良いですな。
 
[PR]
# by skymodern | 2005-11-27 23:31

ゆーすけリサイクル

b0057992_2318095.jpg



ちょっと前に数ヶ月ぶりに”ゆ~すけ”に会った。
函館に居る友人の結婚式に出席したのだそうだ。
髪型が微妙だったが、元気そうだった。

”ゆ~すけリサイクル~分ければ資源~”というCDを本人から購入。
過去の名曲を録り直したベスト版。
まさにリサイクル。

今までどおりギター一本の弾き語り曲もあり、
ちょっと懐かしい匂いのするシンセの音で伴奏をつけた曲もある。

素朴だが、優しくて切ないメロディーと
彼の独特な遊び心が楽しめる一枚。

買ったばかりのipod nanoに入れて聴いてます。


興味のある方はこちらへどうぞ。

http://id15.fm-p.jp/7/bowzyboys/
[PR]
# by skymodern | 2005-11-24 23:26

ニューオリンズ


 ニューオリンズでの大きな災害が報道されている。
 多くの人々が苦しんでいるのに、
 どうして人が人として助けてあげられないんだろう。
 もどかしさを感じる。

 アンサリーのアルバムを聴きながら、
 ニューオリンズの文化や音楽の行く末が心配になった。
 
[PR]
# by skymodern | 2005-09-04 01:24

fountain moutain

hotaruのブログでも書きましたが、
モエレへ行きました。

グランドオープン後、初の訪問ということで、
噴水見てきました!

感想を一言で言うと、
「こんな噴水初めて見た!」
創世記の海の姿を彷彿とさせる、うねる水。
雲の中に居るような繊細な水。
凪のように穏やかにたたえられた水。

水のもつ様々な姿を見ることができ、
何か壮大な風景を見たような、
心がニュートラルに納まっていく気がします。

b0057992_20572993.jpg
[PR]
# by skymodern | 2005-07-24 21:08 | 日記

book of days


 徹夜で仕事をしたり、
 休日に出勤したり、
 ストレスが蓄積してくると
 自分が自分でなくなるような感覚に襲われる時がある。
 
 妙に感情的になったり、
 逆に無感情になったりする。

 自分は何のために生きているのだろうか、
 と今まで何度も問いかけた疑問を改めて頭に浮かべてみる。

 ロンドンでのテロをAM4:30に知った。
 「またか。」
 それ以上の感情は溢れなかった。
 簡単に人は人を殺せるのだな、と再認識しただけだ。
 
 キラキラと光る水面を眺めながら、
 暖かい日差しの下、海に佇んだり、
 柔らかな草の感触を足に感じながら、
 草原を駆け回ったり、
 大事な人と暖かい食事を囲んで談笑したり、
 そんな世界がある一方で、
 貧困にあえぎ、食事も満足に取れない者が居たり、
 普段どおりに地下鉄に乗り、
 一瞬の閃光の次には、
 熱で全身を焼かれ、風で吹き飛ばされ、
 瓦礫の下で無残な姿になった人が居たり、
 何か、強い思いに駆られ、
 爆弾入りのバッグを抱えてバスに乗り込む男も居る。

 誰が世界を動かしている。
 国連や政府は何をやっているんだ。
 あいつらに世界の運命を任せて良いのか?
 アメリカは何をやっているんだ。
 彼らは簡単に人を殺す決断をする。
 簡単に罪も無い人々の幸せな生活を破壊する決断をする。
 空爆はテロを超えたテロだ。
 諸悪の根源はそこにあるんじゃないか?

 人や国が利権争いをするのは仕方が無い。
 だが、せめて人を殺す事だけはやめてくれ。
 
 今の世の中は異常だ。 
 
  
[PR]
# by skymodern | 2005-07-10 02:41 | 日記

sea


 こんな海に佇んでみた。

 風に吹かれながら本を読んでみた。
 中学生が二人、砂浜で飛び跳ねていた。
 幼い子供達、3人。
 波に足を洗われていた。

 風が強かった。

 子供達を呼ぶ大人の声。
 波の音にかき消され子供達の耳に届かない。
 
 小説の主人公はアイルランドへ行った。
 自転車で島を一周すると言って。
 恋人と対等に向き合える強さを得るために。
 
 僕は海に佇んで本を読んでみた。
 風に吹かれながら。
 
 大人が波打ち際へ歩く。
 子供達を迎えに行くのだ。 
 
 僕は本を閉じ、自転車にまたがる。
 思いの他、日差しが肌を焼いていた。

 b0057992_21191125.jpg
 
 
 
 
[PR]
# by skymodern | 2005-07-03 21:20

port of notes


 ゴミ捨て場に放置されていた、
 自分のものと同じ型のステレオ。
  
 ゴミ捨て場のアンプを持ち帰り、
 繋いで見ると、完全に動作する。
 とても数日間雨ざらしになっていたとは思えない。
 ためしにアンサリーをかけてみると、 
 部屋の中に深く柔らかい声が響いた。
 
 ちょうどアンプが故障していて、
 修理に出そうと考えていたところだった。
 ちょっとしたシンクロニシティー。

 
 休日出勤した昨日の気分を取り戻すだけ
 今日は晴れた。
 
 街へ出て、自転車を買った。
 港の赤レンガ近くのカフェで
 イームズのイスに座り、コーヒーを飲んだ。
 
 釣り人の間をすり抜けながら
 波止場を歩くと、
 大量の海月が海流にのってフワフワと泳いでた。
 
 
 
[PR]
# by skymodern | 2005-06-19 23:49 | 日記

海を飛ぶ夢


 雨上がりの夕方。
 近くの市民映画館へ行った。
 
 座席数50席程の小さな映画館。
 観客は5,6人程度だった。
 
 照明が落ちると、
 ジーッ、カタカタ、
 と映写機の音が近くに聞こえてくる。
 館内は軽い緊張感とノスタルジーが満ちる。
 
 ”海を飛ぶ夢”
 体が不自由な男の尊厳死がテーマ。

 26年をベッドの上で過ごし、
 その間、家族の献身的な愛に支えられてきた。
 首から下は動かないが、
 心は窓から飛び出し、
 森を越え、谷を抜け、
 愛する女性の歩く海岸まで飛んでいく。
 
 彼は死を前向きに捉えていた。
 自分にとって最高の生き方として死を望んだ。

 もし、自分が彼と同じ状況であれば、
 同じように死を望むだろうか。
 前向きと言う言葉は、生へ繋がるものと決め付けていた。
 状況の違い、人間の違い、
 文化の違い、
 宇宙は一つの考え方で括られる程単純じゃない。
 
 ただ、共通している事は、
 誰にでも死は訪れると言う事だけだ。

 http://umi.eigafan.com/index.html
b0057992_23323311.gif

 
[PR]
# by skymodern | 2005-06-12 23:32 | 日記